耐酸性・ラミネートローラー

サーマルタイプのラミネートローラーには、一般的にシリコーンゴムが使用されますが、稀にラミネート工程に酸が持ち込まれ、ゴムが侵される場合があります。Aproad-SE(アプロード-SE)は、性能的には耐薬品性ゴムとシリコーンゴムとの中間に位置し、耐酸性とシリコーンゴムの様な耐熱性と離型性を併せ持つ、新機能性ローラーです。

サーマルタイプのラミネートローラーには、一般的にシリコーンゴムが使用されますが、稀にラミネート工程に酸が持ち込まれ、ゴムが侵される場合があります。

Aproad-SE(アプロード-SE)は、性能的には耐薬品性ゴムとシリコーンゴムとの中間に位置し、耐酸性とシリコーンゴムの様な耐熱性と離型性を併せ持つ、新機能性ローラーです。

特長

  • ①.弱酸性溶液に対してシリコーンゴム以上の
      耐久性を示し、外観も元の状態を保持しま
      す。
  • ②.シリコーンゴムを上回る強度特性を示し、
      高い耐久性があります。
  • ③.シリコーンゴム波の熱安定性を有し、高温
      時でも優れたゴム特性を発揮します。

特長

  • ● 弱酸性溶液い対してシリコーンゴム以上の耐久性を示し、外観も元の状態を保持します。
  • ● シリコーンゴムを上回る強度特性を示し、高い耐久性があります。
  • ● シリコーンゴム並の熱安定性を有し、高温時でも優れたゴム特性を発揮します。
  •  

10%硫酸(室温×7日間)

  Aproad
-SE
耐薬品
性ゴム
シリコー
ンゴム
硬度変化
( °)
-4 -4 -23
引張強さ
変化率 (%)
-11 -2 -39
伸び
変化率 (%)
-15 3 -51
体積
変化率 (%)
6.1 2.0 9.5
質量
変化率 (%)
5.3 1.5 8.0

※上記データは代表値であり、規格値ではありません。

10%塩酸(室温×7日間)

  Aproad
-SE
耐薬品
性ゴム
シリコー
ンゴム
硬度変化
( °)
-2 -2 -2
引張強さ
変化率 (%)
-2 -1 -2
伸び
変化率 (%)
-5 1 3
体積
変化率 (%)
2.0 0.2 1.9
質量
変化率 (%)
1.0 -0.1 2.0

10%硫酸(室温×7日間)

  Aproad-SE 耐薬品性ゴム シリコーンゴム
硬度変化( °) -4 -4 -23
引張強さ変化率 (%) -11 -2 -39
伸び変化率 (%) -15 3 -51
体積変化率 (%) 6.1 2.0 9.5
質量変化率 (%) 5.3 1.5 8.0

※上記データは代表値であり、規格値ではありません。

10%塩酸(室温×7日間)

  Aproad-SE 耐薬品性ゴム シリコーンゴム
硬度変化( °) -2 -2 -2
引張強さ変化率 (%) -2 -1 -2
伸び変化率 (%) -5 1 3
体積変化率 (%) 2.0 0.2 1.9
質量変化率 (%) 1.0 -0.1 2.0

※上記データは代表値であり、規格値ではありません。

※上記データは代表値であり、規格値ではありません。

仕様

硬度[JIS-A] 30° , 50° , 70°
カラー グレー

仕様

  硬度[JIS-A] カラー
Aproad-SE 30°, 50°, 70° グレー